スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- --:-- 】

| スポンサー広告 |
博蔵の生まれた時
1963年、昭和38年、まさに昭和のど真ん中に生まれたワタクシ。
場所は札幌市のこれも真ん中ら辺でした。

父は福島県の農家の次男坊で高校卒業後東京に就職したらしいのですが、すぐに会社に見切りをつけ、なぜか札幌に。
当時ススキノは華やかな景気の良い頃で高級クラブ等の全盛期。
父はクラブのバーテンをしていたらしいです。
そこで当時クラブの会計をしていた2歳年上の母と知り合い結婚。
2年後くらいに博蔵が誕生しました。
 
ところで皆さんは幼い頃の記憶は何歳くらいから残っているでしょうか?
ワタクシは1歳代の記憶がうっすらと残っています。
2歳の頃はすべてではありませんが鮮明に残っております。
例えば、最初のお気に入りのおもちゃは赤で黒いダイヤルのついた公衆電話型のおもちゃと、黄色で赤の垂れ耳の犬のぬいぐるみとか。
こんな事憶えていたからと言って何の自慢にもなりませんが。
いつもはっとするのは、2歳くらいの頃のこと。
この頃既に考えていた事(思考の仕方)は大きくなってからとあまり変わらなかった。
自分の子供を見ていてこのくらいの頃はあんな事考えてたよなぁ・・・・自分では一人前のつもりだったよなぁとか。
小さい子供は大人が考えている以上に色んな事がよくわかっている。
経験や言葉の数が少ないので大人に伝わらないだけで、思考のパターンはしっかり出来ているもんです。
まだ小さいから大人の話している事などは解らないと思っていませんか?
お気をつけください。
結構子供は冷静に世間や大人の様子を見て自分なりに理解しています。

赤ん坊の頃は中央区のアパートに住んでいましたが、博蔵がちょうど二歳になった頃父が転職しました。
某ホテルでした。
それまでは一人っ子でのんびりと育っていた博蔵にも転機が訪れました。
人生最初の事件と言って良いかと思います。
そうです。
兄弟が出来たのです。
はっきり言って産まれてくるまで状況は理解できていなかったです。
両親が(ワタクシが幼いから)ちゃんと説明していなかったからと思うのですが。
あまり母親に抱っこされた記憶が無いのはそのせいかもしれません。
そして初めて理不尽な扱いを受けたと感じたのもこの時でした。

次回へ続く。

スポンサーサイト
【 2006/06/21 00:38 】

| 博蔵のジンセイばなし | コメント(3) | トラックバック(0) |
<<突然にお姉ちゃん | ホーム | 博蔵のジンセイばなし その1>>
コメント
--- ---

冬、ススキノに行くと、たまに髪の毛を凍らせてる人いるよね?
アレって、風俗帰りの人ってこといいですか?
髪が乾く前に、外に出てしまったが故の仕打ちだと思ってますが。
ZENRA-MAN * URL [編集] 【 2006/06/21 16:15 】
--- ---

札幌生まれだったのでございますか。
私も札幌の中央あたりで生を受けましてございます。
父の若い頃の話をよく知らない私でございますが、父はシェーカーを振るのが
何故か上手でございます。
花矢 * URL [編集] 【 2006/06/21 20:24 】
--- ---

ZENRA-MANさま

そうとばかりはいえないようです。
冬場は頭に雪が積もった後温かいところに入ると→融けます→髪濡れます→乾かないうちに外にでます→再凍結します
見たいな感じ?


花矢さま

昔カクテルブームがありましたからねぇ。
ワタクシもパブ経営時代に独学でやりましたが、もとバーテンの方になかなか上手いと褒められました。
博蔵 * URL [編集] 【 2006/06/21 21:47 】
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://lapishirozo.blog61.fc2.com/tb.php/18-6553ea21
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。